setContentViewメソッド

▼Android Studioにて、空のアクティビティーを選択すると、自動で作成されるソース。

【予備知識】XML……文章の見た目や構造を記述するためのマークアップ言語のひとつ。

setContentViewメソッド……①
機能:XMLで記述されたビューの定義(レイアウトがXMLで記述されたもの)から画面を生成する。
書式:void setContentView(int layoutResID)
引数:layoutResID:XMLのリソースID

①の引数に記述されている「R.layout.activity_main」の「R」は、プロジェクトツールウィンドウの「resディレクトリ」と対応していると考えるとわかりやすい。

つまり、setContentView(R.layout.activity_main)のリソースIDは、「R.layout.activity_main」。

したがって、今回の場合は、リソースファイルの「res/layout/activity_main.xml」から画面を生成する。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました