久々にテニスの大会に出場したお話

最近、テニスの大会に出場してきました。

男子シングルスです。

オープン(化け物も出場できちゃう)クラスの大会ではないので、「この人ヤバい、強過ぎ!!!」

みたいな強者は基本的にいない地味なクラスの大会です。

それでも、今の私の実力では簡単には勝ち上がることはできません。

朝5:30起床。

大会会場は微妙に遠いので、朝7時ぐらいには家を出る必要があるのです。

私は、朝シャワーを浴びてスッキリしたいタイプの人間なので、早起きしなければなりません。

早寝すれば、早起きなんて余裕なのですが、習慣と言うものは本当に怖いんです。

(明日は大会だから早く寝なきゃいけないな)

とずっと思っていたのに、気付いたら深夜の1時半になっていました。

先述の通り、5時半に起床しましたので、睡眠時間4時間で大会に挑むことになりました。

早朝から、「昨日の事なんか知りませんよ」と、おかまいなく鳴り響くスマホのアラームはデリカシーが欠けているのではないかと思うので、近日中に警察に被害届を出そうと思います。

シャワーを浴びて、着替えて, etc.

予定通り、7時に車に乗れました。

冬の早朝の車内は、もはやイジメです。

即行で足元に向かって暖房をつけてやりました。

いじめの主犯と取り巻きを蹴散らすことに成功した私は、大会会場まで距離があって暇なので、一緒に参加する友人にライン通話をかけました。

切られました。

冬の車内より、冷たい奴だなって思いました。

これからは、冷奴(ひややっこ)ってあだ名で呼んでやろうかと考えています。

さて、ここで問題です!

大会会場に着く前に、コンビニに寄ってチキンを食べたのですが、私が食べたのは「ななチキ、ファミチキ、Lチキ」のうち、どれでしょうか?

……そうですか!!!

あなたは、私が「ななチキ」を食べたと推測するのですね。

私が「ななチキ」を食べたのではないか?と推測したあなたに朗報です。

私が食べたのは「Lチキ」ではありません。というか、まだ人生で一度も「Lチキ」を食べたことがありません。

今なら、私が「ななチキ、ファミチキ」のどちらを食べたのか、選び直しても良いですよ?

さて、どうしますか?

このような問題をモンティ・ホール問題と言います。

選択を選び直すかどうかで、正答確率が変わってくるという有名な問題ですね。

選択を変えることによって、確率が3分の1(33.3%)から、3分の2(66.6%)に上がるのです。

つまり、この場合では、「ななチキを食べた」という選択から、「ファミチキを食べた」という選択に変更することで、正答確率がグッと上がるというわけです。

私が食べたのは、ななチキなんですけどね笑

話が横道に逸れました。

大会の話に戻ります。

一緒に参加予定だった友人3名(冷奴、ビッグ、お嬢♂)と会場で合流しました。

うち2名(冷奴とビッグ)は、私が半ば無理やり初参加させました。

「meには、まだ早いでーす(カタコト)」なんてずっとビビっていたので、「オープンじゃなきゃ、大したことないよ」って諭すのが大変でした。

「貴重な体験ができて良かったね」と、参加させたことに勝手に満足している私です。

トーナメントの組み分けでは、運良くバラけた位置になりました。

大会に出たのに身内戦になったら面白くないですからね。

また、大会会場に着くと、そこには私の師がいました。

私たちにテニスを教えてくださっているコーチの一人が出場していたのです。

コーチは私の出場しているクラスとは違い、もちろんオープン(化け物もOK)クラスのほうです。

今回は、初戦負けしちゃってましたけど。

気さくな人柄なので、結構好きです。

そして、コーチのガチ試合も見れたので、満足です。

イケメンがイケメンテニスしてるなーって感じでした。

あんな風になりたいです。あなたに会えた幸せ。感じて。

……ここで、すぐにツッコミを入れることができる方はきっと、めちゃくちゃ聡明な人なのでしょうね。

試合開始時間になりコートへ行くと、私の初戦の相手は、結構お年を召された方でした。

白髪だったので、おそらく60代以上の方なのではないかと思います。

学生や若い人もたくさん参加しているので、年配で華奢で優しそうなおじさんが初戦でラッキーって思いました。

また、試合が第一試合だったので、シングルスポールを自分で立てなければなりませんでした。

(テニスを知らない人のために、説明しよう!日本のコートは、基本的にダブルス用になっているので、シングルスの試合をする時は、シングルス用のネットの高さにするために、左右に棒を立てるのである。基本的には一番初めにコートで試合をする人が装着するか、大会幹事がやってくれるのである。)

自分でシングルポール立てるのが人生で初めてだったので、

(わ、わかんねえ……)

って焦りました。

対戦相手のおじさんが優しく教えてくれました。

こんな優しい人に勝つのは申し訳ないなって思いました。(勝てる気満々)

試合が始まると想像通りでした。

おじさんのサーブは速くないし、ストロークもまあまあ。

まあ勝てるだろうなって感じがしてました。

しかし、初戦ということで緊張してガチガチだったし、息も上がりまくりで恥ずかしい試合をしてしまったというのは内緒です。

カウンター系のテニスをしてくるおじさんだったので、こちらが少し強く打つとサラっと流し打ちみたいな感じで鋭くコーナーをついてくるのです。

最初の3ゲームはこれにまんまとハマり、いきなりゲームカウント0-3になってしまいました。

もうめちゃくちゃ焦りましたよね。

(このままではマズい。そんな強くないのに!負ける!)って。

すぐに戦術を変えました。

セカンドサーブは、恥を忍んで、安定感重視のアンダーサーブに。ストロークは、ショート、ショートクロス、スライスを多めに使うようにしました。

これが功を成して、ゲームカウント3-3へとすぐ追い付きました。

私の時代到来です。流れに乗ってそのまんま、ゲームカウント6-3で勝ちました。

「若い人は、やっぱりどこ打っても追いつくねえ。あとショートに打たれるとキツかったよ。」

って試合後に言われました。

(おじちゃん、ごめん。)

本当に優しい方でした。

若さで勝ったところもあったので、腑に落ちない試合でした。

もっと実力をつけなければと、考えさせられた試合でしたね。

2回戦目の相手は、同い年くらいの方でした。

サーブがめちゃくちゃ速かったです。

オープンクラスの人なんじゃ?って思って、思わず「すみません、弱いほうのクラスの試合で合ってますよね?」って聞いてしまいました笑

「ええ、そうですよ」

って気まずそうに答えらたのが、記憶に新しいところです笑

いや~、ほんと気まずかったです笑

相手のサーブが、サーブ練の時に鬼速かったので、心の中で「うわー、やっべー!!!」と叫びっぱなしでした。

トスアップに勝った私は、勝ち誇った顔で「リターン」を選択しました。

対戦相手(!?!?)

相手は、同様したに違いありません。

(え、俺のサーブ鬼速いけどいいの?本当にいいの?)

って。

良いんです、良いんです。

ダブルフォルトでゲームとられる、もしくは、弱いサーブ打ってバコーンってリターンされるくらいなら、相手のサーブをブロックしてカウンター狙う方が良いと思うんです。

選択は間違っていませんでした。

相手のサーブはリニアか!っていうくらい……いや、ハイパーループか!っていうくらい速かったのですが、コースは正直言って甘く入ってくるので、ブロックでわりと返せました。

そして、ブロックでほとんど良い感じに返せたせいか、向こうも焦ってくれたみたいです。

ダブルフォルトが多くなって相手のサービスゲームを数回ブレークすることができました。

とは言っても、私のサーブがショボいので、結果的にトントンになってしまうんですけどね。

良い勝負になって、ゲームカウント4-4になりました。

私がアプローチを打って前に出ると、相手はロブを打ってきました。

「追いつける!!」と思ったので、「よし!華麗に股抜きショットもどきで返してやろう」と、後ろ向きで走って追っかけました。

そしたらですね、背中を空爆されました。

必死で後方へ走ったため、ボールの落下点の予測が大分ズレてしまったようです。

ロブが背中に直撃……もう笑って誤魔化すしかありませんでした。

対戦相手はもちろんのこと、そこをコーチにもバッチリ見られてて爆笑されました。

めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

飛んでるフリスビーを追っかける犬みたいな感じだったと思います。

夢中だったんです。

まさか背中に直撃するなんて思わないじゃないですか。

以降は、

「ん?ボールなんて当たってませんけど?」

みたいなすまし顔で試合を乗り切る他ありませんでした。

結果、4-6で負けました。

敗因は多分、ボール背中に直撃して、背骨5本くらい折れたせいです。(大嘘)

試合後は、「ありがとうございました。いやあ、サーブ強いっすね」と、試合後あるある世間話。

2回戦目であたったサーブ爆速の対戦相手は、お隣のスクールに通っている方でした。

近いから、こっちのスクールに通おうかと考えているみたいだったので、

「微妙っすよ」

って言っておいた。(営業妨害すな)

私の友人の3人は一回戦で負けてしまったようです。

コンソレも。

(コンソレ=コンソレーション……初戦敗退の人のためにある試合)

冷奴は、初戦の相手より、コンソレの相手の方がだいぶ弱く見えたので、勝ってもらいたかったです。

ビッグは、初戦は勝てるんじゃないかなと思ってましたが、負けてしまったようです。コンソレの相手は結構強かったので仕方がないと思いました。

お嬢♂は、オープンクラスの方に出ていたので初戦負けでも「まーしゃないな」って感じです。そして、コンソレの相手は、まさかの私たちのコーチでした。同じオープンクラスだから、もしかしたら当たるなって話をしていたら、本当に対戦することになったので笑えました。コーチvs友人のガチ試合が見れて面白かったです。結果は、コーチが6-2で勝ちと、案の定の結果でした。

ちなみに友人の天ぷら君が、途中で応援に来てくれました。

そういうのって嬉しいものです。

私たちの大会は、初戦、2回戦負けと微妙な結果で幕を閉じました。

ド素人な私たちですが「トーナメント上位独占」を夢に、日々精進したいと思います。

今後とも応援よろしくお願い致します。

スポンサー待ってます笑

 

それは「風になりたい」ですね~!!!ってツッコミができた方は凄いと思います。

 

p.s.

午後からは、別のテニスコートで反省含めて、練習をしました。私は、ミスった時に「あー!」と、うるさいタイプなのですが、動揺するからやめろと言われました笑 自覚してますし、直したいと思っているのですが、癖なんです。これからは、クールなテニスを心がけたいと思います。ほな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました