テニス中毒。テニスがしたくて、痙攣しそう。

テニスと言えば、私。

私と言えば、テニス。

どうも、あやめです。

最近、未経験の2人を勝手にコーチングしています。

指導されているのは、【T】君と【M】君です。

それでは登場していただきます。どうぞ。

みたいな展開にはなりません!

期待に応えられず、とても残念です。(【読者】期待してないよ!怒)

そんな【T】君と【M】君ですが、徐々に上達しているのが目に見えてわかり、

教える側としても、凄く面白さを感じています。

今はまだ、彼らと試合をしても、夕飯のおかずを考えながら勝てるレベルなのですが、

今後、「やばい。負けてしまうかもしれない!」と焦る日も近いかもしれません。

指導者側として、なかなか緊張感があります。笑

私自身もレベルアップしなければいけませんね。

そんな発展途上な彼らなのですが、面白い違いがあるのです。

今回は、その二人の違いを取り上げたいと思っています!

 

まずは【T】君と【M】君が私のサークルに来たばかりの頃のお話。

彼らが、少しテニスに慣れてきたなと思った私は、彼らに1セットマッチをしてもらいました。

そして、結果は【M】君のボロ勝ちで【M】は、みんなにドヤ顔を見せつけていました。

私のサークルでは、シングルス、ダブルス共にゲーム形式の時は1セットマッチをするのですが、

【T】君と【M】君の結果は、6 games to 1、たしかに【M】君の圧倒的勝利でした。

まわりのメンバー「【M】君、すごーい!かっこいい!」

その時【T】君は、【M】の暗殺を考えたそうです。

幸いなことに、まだ【M】君は生きているようです。笑

【M】6-1【T】

こんなことあったな~。

そう。あれから、時は流れたのです。

【M】6-3【T】

【M】6-7【T】

【M】1-6【T】

ゲームをする度に、【T】君が強くなっていくのを実感しました。

最初はあんなに【M】君の方が強かったのに、

現在では【T】の舎弟です。

時とは残酷ですね。

そして、【T】君の成長が凄いのです。

高度経済成長期です。

【M】君は、現在【T】の暗殺を考えているそうです。

~ fin ~

で終わるのもアレなので、

もう少し語ります。

彼らの違いは、なんなのだろうか。

いちばん身近で接してきた私は、考えに考えました。

朝から晩まで断食する勢いで考えました。

そして、あるひとつの結論に至りました。

そうだ!

これだ!

これしかない!

才能の違いだ。

って。

嘘です。

実は、【T】君、すごーくフットワークが軽く、週2でテニスサークルに遊びに来てくれていて、

さらに別のところでも週1でテニスをしているのです。

合計週3回のテニス。なかなかテニス愛を感じますね。

そう、つまり、やはり練習量なのです。

週3の人と週1の人、それは前者が上手くなるのは当たり前です。

だから、上手になりたいっていう人は、練習量を増やす。

当たり前にして、一番重要なことなのです。

上手くなりたい皆さん、一緒に練習がんばりましょう!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

次回、「【T】が行方不明になる!?」

~ fin ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました