【MQL4】

OrderSend関数

注文タイプ

OP_BUY を引数にすると「成行買注文」、OP_SELL で「成行売注文」。

<許容スリッページ>

int 型の数値 × 0.1 pips = 許容スリッページ。

上の例では20を引数にしているので、20 × 0.1pips = 2.0pips

<ストップロス>

引数に0を指定しておくこと。

業者によっては新規注文(OrderSend)時にストップ・リミット設定は出来ません。
この辺は業者毎に異なるので、確認が必要です。
業者毎に異なるプログラムを組むのも面倒ですので、新規注文時にストップ・リミットを設定しない方法で統一した方が無難です。
デモ口座では設定出来ますが、リアル口座では設定出来ないという事が発生します。
デモ口座でテストした後にライブ口座で稼働させたらストップ・リミットが設定されない・・・なんて事になりかねません。

対策としてOrderSend関数で新規注文が約定された後に、OrderModify関数でストップ・リミット設定を行う必要があります。
新規注文約定直後にOrderModify関数を呼び出すとサーバーが要求過多で拒否されるので、
100msec程のインターバル(Sleep(100))をおいてから行った方が余計なエラーが発生せずに済みます。

参考

<テイクプロフィット>

引数に0を指定しておくこと。上に同じです。

<有効期限>

引数無しでもOK

<色>

引数無しでもOK

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました