【テニス】気付き

サーブ

トスは手でも腕でもなく、脚の屈伸を利用して上げる。屈伸と言うより、屈のみだけど。脚を少し曲げると自然と腰がまわり、左肩は上がって右肩は下がる。それを利用してトスを上げることで、ブレることなく綺麗にボールが上がるため、トスが安定する。

トスの時、手から離れたボールをよく見ること。ボールをよく見るとは……トスして上がったボールは頂点で静止する瞬間が必ずある。そこを打ちにいけば、トスバッティングのように止まったボールを打つ感覚で打てるため、ミスヒットしにくい。

ストローク

ストロークは、テイクバック時に引き過ぎないことを意識する。ボールの真後ろにラケットをセットする感覚。バックハンドも同じだと思った。再度試したい。

バックハンドストローク

両手バックハンドは意外と打点が後ろ。

バックハンドは両手・片手に関わらず、キャリオカステップが重要な時が多々ある。

スタンス

フォアハンドストロークの時、オープンスタンスばかりで打っているけれど、できる限りセミオープンで打てるように注意してみる。特に右足の向きに注意してから、左足をどこに置くかを意識してみること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました