【テニス】ダブルスの高度経済成長期

「硬式テニスのボレー、マジで難し過ぎ!」

そう思ってた時期が私にもありました。

ソフトテニスでは、ボレー、ポーチ、ローボレー、わりとなんでも得意(※スマッシュは除く)だったので、

ダブルス?OK!やろ、やろ!

って感じでした。

「硬式テニスするよ!!!」

と、友人に半ば無理やり誘われて、テニスを初めてやった時のダブルスも、ソフトテニスの打ち方しか知らなかったので、ウエスタングリップのまま前衛をしていたら、ポーチ上手くね?ってビックリされたことが印象的で覚えています。

ウエスタンでもいけるじゃん!

そう思ったのですが、いざちゃんと硬式テニスを始めてみると、「ウエスタングリップのボレーだとディフェンスの時にちょっと無理があるかも」と、すぐに限界を感じました。(センスある人は全然気にせずにできちゃうかもですけどね。)

加えて、ソフトテニスの打ち方と比較すると、硬式テニスのボレーの打ち方はスマートで格好良く見えました。

格好良くコンチネンタルでボレーが打ちたい!

そう思うようになりました。

フォアボレーなら右足を、バックボレーなら左足を踏み込みながら、ウエスタングリップで、フラットに打つというのが、ソフトテニスのボレーの基本です。

しかし、硬式テニスでは、「どうしてこうも真逆なんだ!」というぐらいに真逆です。

フォアボレーなら左足を、バックボレーなら右足を踏み込みながら、コンチネンタルグリップで、スライスで打つというのが、硬式のボレーの基本なのです。

私は、ソフトテニスの癖のおかげで、コンチネンタルでボレーを打つことが全然できませんでした。

ダサいけど、ウエスタンボレーで生きていこうかな

と何度考えたことでしょうか。

そんなワケで私は、ボレーに苦手意識を持ち、ソフトテニスの時に自信満々だったポーチは、コンチネンタルにした途端にまったくできなくなってしまいました。そして、ボレーが苦手なので必然的に、

ダブルスは苦手、シングルスの方が楽しい。シングルス最高!

という意識になっていました。

しかし、転機が訪れます。

ボレー練習の際に、ずっと硬式経験者たちから言われ続けてきた「ラケットは引かない」「ラケットは常に体の前」の本当の意味がわかる日がきたのです。

(フォアボレーの)打点、意外と後ろやんか!!!

衝撃的でした。

「ラケットは引かない、常に体の前」なんて言われたら打点は「前、前、前」って思うだろうがー!

まったく、もう!

こんな気持ちでした。

ソフトテニスと比較すると、フォアボレーの打点はかなり後ろなんです。(※クロスに打つ時は別)

それからというもの、ボレーが劇的に上達しました。

ボレーは楽しい!ボレー最高!

こんな風に思えるようになったことに自分でも驚きです。

そして、ボレーがある程度打てるようになってくると、次の課題はポーチでした。

「コンチネンタルでボレー、マジでできん。」

そう思っていた時は、あんなにできなくなってしまっていたポーチですが、意外にもすぐに解決しました。

コンチネンタルでボレーが打てるようになると、軟式の時の前衛の意識に戻すだけで、あら不思議。

ポーチができるできる。

憶測ですが、コンチネンタルでのボレーに苦手意識があった時は、「とにかくボレーをミスらないようにしなきゃ」という意識が先行し過ぎて、自分の動きばかりに集中してしまっていたのだと思います。だから、相手を見ていても、相手がまったく見えていないようなものだったと思うのです。というか、相手の動きが見えてはいるけど、そこからボレーをしにいく最適な動き方がわからずに、結果遅れるし、ミスるっていう感じでしょうか。

まわりから「出だしが遅い」とよく言われていたのですが、本質は「最適なボレーの動き方がわからなかったから、結果動きに無駄が入りまくって遅れていた」だと思うんです。

そう思う理由は、「ボレーはこうやって打つのか!」っていうことを理解し始めてからは全然違ったからです。

相手の動きに集中できて、予測がしやすく、動きが何倍もスムーズになったのです。

私のボレー経験談から、硬式ダブルス上達の結論を出すとするなら、

①まずは基本となるコンチネンタルグリップで打つボレーの仕方、動きをしっかり身に付けることが大切。

②それができてから、相手プレイヤーを「これでもか」というほど見る!

ということですかね。

そんなわけで、硬式始めたてから3年くらいは、

「ボレーまじでいやや、ダブルスは楽しいけどいやや、来世は東京のイケメン男子にしてください」

って思っていましたが、

今ではダブルス凄く楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました